ディフューザーとは?様々な種類や選び方をご紹介!

ディフューザーとは、アロマオイルの香りを部屋の中で楽しむためのアイテムで、石に垂らすだけで使用できるものや、電気を使用して楽しむものなど、その種類は豊富です。使用したいシーンや場所に合わせて、最適なものを選びたいものですよね。

そこで今回は、ディフューザーの種類や選び方などについてご紹介していきたいと思います。

ディフューザーとは?

そもそも、ディフューザーとは英語の「Diffuser」からきている言葉で、「散布する」や「拡散する」といった意味を持ちます。

ディフューザーの種類

冒頭でもご紹介したように、ディフューザーの種類には石に垂らすだけで使用する原始的なタイプのものや、電気を
使用して香りを拡散させるタイプのものがあります。それぞれの種類や特徴について、より詳しく見てみましょう。

◆アロマストーン
アロマオイルを直接垂らすだけでお好みの香りを楽しむことができるのが、アロマストーン。
自宅ではもちろん、オフィスのデスクや車の中など、使用したい場所へどこでも持ち運びできるのがアロマストーンのメリットです。

◆リードディフューザー
リードディフューザーとは、アロマオイルが入った入れ物にリードをさし、アロマオイルを吸い上げることで香りを拡散するタイプのものです。見た目が可愛いものが多いので、インテリアとしての楽しみもあります。

◆アロマポット・アロマランプ
アロマポット、アロマランプと呼ばれる加熱式タイプのディフューザーは、キャンドルやライトで温めることでアロマの香りを拡散します。香りはもちろん、やさしい光によってリラックスさせてくれる効果も。こちらも手軽にアロマを楽しめるグッズですが、熱を使用するタイプですので、就寝時の利用は避けましょう。

◆超音波アロマディフューザー
超音波アロマディフューザーは、水に垂らしたアロマオイルを超音波によってミスト化し、香りを拡散させるタイプのものです。アロマポットやアロマランプと同様に、やさしい光を楽しむことができたり、火や熱を使用ぜずに香りを広げることができるのが、超音波アロマディフューザーのメリットです。
しかし、その一方、ディフューザーの周辺がベタついてしまったり、使用する水に雑菌が繁殖する恐れがありますので、お手入れをしっかりと行う必要があります。

◆噴霧式アロマディフューザー
噴霧式アロマディフューザーは、超音波アロマディフューザーのように水を使用せず、アロマオイルの原液をそのまま垂らして使用するのが特徴です。アロマディフューザーに内蔵されているポンプによってアロマオイルを霧状に噴射させることで、香りを拡散することができるのです。
この噴霧式アロマディフューザーには、アロマオイルの瓶を本体に直接セットして使用する「ネブライザー」と、本体のガラス瓶にアロマオイルを入れて使用する「アロマドロップ」といった2つの種類があります。
水を使用しないため、広範囲に長時間香りを広げることができたり、雑菌が繁殖しにくいなどのメリットがありますが、その反面、水を使用しない分オイルの消費量が多いのが噴霧式アロマディフューザーデメリットでもあります。

ディフューザーの使い方

ステキな香りをより長い時間楽しむためには、下記のようなコツがあります。

◆リードディフューザーの場合、最初の1~2週間は強めに香りますので、購入したばかりで香りが強すぎると感じる場合は、挿すリードの本数を少なめにしましょう。

◆超音波ディフューザーの場合、カビや雑菌の繁殖を防ぐために、使用後は水分をしっかりとふき取りましょう。また、容器は1~2週間に1度洗浄することをおすすめします。

◆噴霧式アロマディフューザーを使用する際は、必ず100%天然成分のオイルを使用しましょう。また、噴霧式アロマディフューザーの場合はオイルの減りが早いので、使用していないときはスイッチを切っておくのがおすすめです。

◆ディフューザーを置く場所にも注意しましょう。火元や倒れやすい不安定な場所、小さいお子様の手の届く場所などは避けるようにしてください。

ディフューザーの選び方

ディフューザー
ディフューザーを選ぶ際は、香りの種類はもちろん、使用するお部屋の広さや持続時間も考慮して選びましょう。
一言で「アロマディフューザー」といっても、種類によって適している空間に違いがあるのです。

例えば、トイレや玄関などの狭い空間で使用したい場合は、リードタイプのアロマディフューザーもしくは、アロマポットなどの加熱式のものがおすすめです。反対に、リビングなどで広範囲に香りを拡散したい場合には、超音波アロマディフューザーや噴霧式アロマディフューザーがおすすめです。

持続時間に関しては、超音波アロマディフューザーの運転時間は3~6時間程度、リードディフューザーの場合は製品によって異なりますが、多くは100mlで1か月ほど香りが持続します。

様々な機能が搭載されたディフューザーも!

ディフューザー
ディフューザーには、加湿機能の付いたタイプのものや、USBに差し込んで使用するものなど、様々な機能が搭載されたものも多く、バリエーションが豊富です。
その他にも、スピーカーを搭載しているものがあったりと、お家時間が充実するアロマディフューザーもおすすめです。

まとめ

今回は、ディフューザーの種類や選び方などについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
お好みの香りを部屋に漂わせるだけで、おしゃれな空間を演出することができますし、リラックス効果も抜群です。
アロマディフューザーを使用したい場所やシーンに合わせて、最適なものを上手に選んでくださいね。

PAGE TOP