水を飲む量の目安とは?理想的な摂取量とタイミングで美容&健康効果アップ!

水を飲む量の目安は、1日2.3リットル~3.5リットルだとされています。ただし、この必要摂取量の目安は欧米の研究成果によるものですので、必ずしも日本人に当てはまるとは限りません。なぜなら、欧米の食事は和食に比べて水分含有量が少ないため、食事から摂ることができる水分量が少ないことにあり、一概に当てはめることができないからなのです。

そこで今回は、日本人にとって水を飲む量の最適な目安やタイミングに加えて、水を飲むことの重要性などについてご紹介していきたいと思います。

毎日2.3リットルの水分が失われている

水飲む量
毎日一定量の水を飲むことが必要な理由の一つに、尿や排せつなどの他にも、汗や呼吸などでも多くの水分が失われていることがあります。その量はなんと1日約2.3リットル!暑い日や運動をした時などには4リットル以上もの水分が失われることもあるのです。
毎日これだけの量の水分が身体から失われているということは、当然失われた量と同じくらいの水分を補給する必要があります。

日本人にとって最適な水を飲む量の目安とは?

冒頭でも触れたように、欧米の研究成果によると、1日当たりの水を飲む量の目安としては、2.3リットル~3.5リットルだとされています。もちろん、食事の内容や運動習慣などによって水を飲む量の目安に違いがあります。例えば、普段あまり運動をしない成果湯活動レベルが低い場合は1日2.3リットルが目安、反対に、普段からよく身体を動かす生活活動レベルの高い場合は、3.5リットルが目安だとされています。また、水分の摂取は水を飲む他に食事からも可能であるため、和食のように水分含有量の高い食事が中心の場合には水を飲む量の目安も少なくなります。
そのため、実際には欧米で推奨されているように2リットル以上の水を飲む必要はなく、1.2リットル程度で十分とも言われているのです。

水を飲む量だけでなくタイミングも重要

水飲む量
「1日にどれだけの水を飲むか」という水を飲む量も重要ですが、水を飲むタイミングも大切なポイントです。
水分を補給しようと一度に多くの水を飲んだとしても、体内に吸収されずに尿として排出されてしまうため、水はこまめに飲む必要があります。
例えば、朝起きた時や食前、入浴前後など、のどの渇きを感じた時以外にも水を飲む習慣をつけることをおすすめします。朝起きた時に水を飲むと、内臓を目覚めさせたり、眠っている間に失われた水分を補給することができます。また、食前に水を飲むと食べ過ぎ防止に役立ちます。さらに、入浴中は汗をかいて水分が失われますので、入浴の前後にも水を飲みましょう。
ちなみに、水に限らず一気飲みは身体に負担がかかってしまいますので、ゆっくりと味わうように飲むように心がけることも大切です。

水の重要性とは?

水飲む量
「1日〇リットルの水を飲みましょう!」などと、水を飲む量に関する情報を目にしますが、なぜ毎日一定量の水を飲む必要があるのかをご存知でしょうか?それは、水には人間が生命を維持するための重要な働きがあるからなのです。体内での水の具体的な働きは、次の通りです。

物質を溶かして吸収されやすいようにする

水には、食べ物から摂った栄養を身体が吸収しやすいように溶かす働きがあります。水によって物質が溶かされて分解されることで、身体の細胞が吸収しやすくなるのです。

物質を運搬する

摂取した水の一部が体内をめぐる血液となることで、栄養素や酸素を細胞に運んだり、尿として老廃物を排出する働きもあります。水を飲まなかったり、飲む量が少ないと血液がドロドロになってしまい、栄養素や酸素を運搬できなくなってしまうため、細胞が死んでしまうのです。

体温を調節する

熱い時や運動をした時など、人間の身体は汗をかいて体温を一定に保っていますよね。このように、水は体温を調整する働きも担っているのです。

この他にも、水を飲むことによって血液がサラサラになったり、肌に潤いを与えるなどの効果や、早食いを抑えて食事の量をコントロールしたり、ストレスや不眠を改善するなどと言った効果があると言われています。

まとめ

今回は、日本人にとって水を飲む量の最適な目安やタイミング、水を飲むことの重要性などについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?水分は無意識のうちに身体から失われているため、健康や美容を維持するためには、意識的に水を飲む必要があります。ぜひ、最適な量の水を、毎日の生活に取り入れてくださいね。

関連記事

  1. ミネラルの殺菌作用とは?ミネラルが持つ驚くべき効果をご紹介!…

  2. 貝殻成分の除菌効果とは?除菌・抗菌だけじゃない驚きの効果につ…

  3. マイナスイオンとは?想像以上の健康効果を解説!

  4. 新陳代謝とは?代謝アップのメリットや日常生活でのポイントとは…

  5. ミネラルとは?ミネラルの働きとその重要性について

  6. 水素水とケイ素水の違いとは?違いを知って上手に取り入れましょ…

PAGE TOP