水素の効能とは?医療・美容の分野でも注目されている理由

水素の効能とは、人の体にとって良くないとされている悪玉活性酸素と結びつくことで無害化し、体外へ排出することです。この悪玉活性酸素は、環境汚染やストレス、病気などによって体内に大量に発生し、身体を酸化させることで病気や老化を促進させるものなのです。

今回は、水素の効能についてご紹介していきたいと思います。

水素とは?

水素
そもそも水素(H2)とは、理科の授業でも習った通り、酸素(O)と結びつくことで水(H2O)となる元素です。
水素は、人間の様々な活動によって作り出された活性酸素のうち、人体に悪い影響を与える悪玉活性酸素と結びつくことで、無害な水に変化して体外へ排出するという、非常に優れた効能があるのです。
このような水素の効能が注目されており、水素が高濃度で含まれている水素水なども最近では多く販売されています。

活性酸素とは?

活性酸素
活性酸素とは、呼吸することで体内に取り込んだ酸素のうち、その約2%が活性となり、非常に強い酸化力のある物質に変化したものです。つまり、生きていくために酸素を取り入れて呼吸している人間にとって、活性酸素は生きている限りずっと発生し続ける物質なのです。
その他にも、排気ガスや紫外線などのような環境汚染や、細菌やウイルス、ストレス、病気、激しい運動などによっても活性酸素は体内に多く発生します。
ただし、活性酸素が必ずしも人体に悪い影響を及ぼすとは限りません。活性酸素には、「善玉活性酸素」と「悪玉活性酸素」の2つの種類が存在し、善玉活性酸素は体外から侵入した細菌やカビなどを殺菌や除去する働きがあり、生命の維持に必要不可欠なものなのです。
しかし、一方の悪玉活性酸素は強い酸化力を持っており、細胞を酸化させることによって免疫力を低下させて、病気や老化を促進させてしまう作用があるのです。
このように、活性酸素には人体に良い影響を与えるものと、悪い影響を与えるものがあるため、健康を維持するためには悪玉活性酸素のみを除去する必要があります。

悪玉活性酸素によって身体が酸化すると

身体の酸化
悪玉活性酸素によって身体が酸化すると、肝臓機能の低下によって疲れやすくなったり、やる気が出ないなどの不調が出てきます。同時に、血管が詰まりやすくなることで動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞と言った大きな病気を引き起こす原因に。さらに、悪玉活性酸素はシミやしわ、そばかすやアトピー性皮膚炎といったお肌のトラブルまで招いてしまうのです。

この悪玉活性酸素を除去するには、ビタミンEやビタミンE、ポリフェノールなどの酵素を多く含んでいる食品を摂取することが有効だとされています。しかし、これらのような抗酸化食品は体に良い影響を与える善玉活性酸素までも減少させてしまうことが難点なのです。

水素の効能と悪玉活性酸素の関係

水素水
悪玉活性酸素(2・OH)が水素(H2)と結びつくことで、水(2H2O)となります。
つまり、水素は悪玉活性酸素だけに反応し、汗や尿といった無害な水に変化させることで、除去することを意味しています。
さらに、水素は最も小さい元素であるため、身体のどの組織よりも小さいことから、身体の隅々までたどり着くことができます。それによって、身体の奥深いところの悪玉活性酸素までも容易に無害な水へと変えることができるのです。

水素の効能を効率よく享受するには?

水素水
ここでは、水素の効能を効率よく享受するために、家庭でも手軽に水素を取り入れる方法をご紹介します。

飲料水としての水素水

最近では、ドラッグストアやスーパーなどでも目にするようになった、水素水。水素水とは、文字通り高濃度で水素が含まれている水のことです。ただし、水素水に明確な定義はなく、メーカーによって含有量やそのほかの成分などについてはバラバラです。水素水としてパウチやペットボトルに入って販売されているものが多いですが、水素ガスやマグネシウムなどを使用して水素水を自分で作ることも可能です。

水素風呂

水素風呂とは、水素発生器や入浴剤で水素を発生させた水素水のお風呂のことです。水素は皮膚からも吸収することができるため、お風呂で水素を取り入れることも有効です。一気に全身に水素を取り込むことができるため、非常に効率のいい方法だと言えます。ゆっくりと水素風呂につかることは、疲労回復やリラックス効果の他、皮膚の不調改善や血流の改善などにも効果的です。

まとめ

今回は、水素の効能についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
最近では様々な分野で注目され、活用されている水素ですが、健康や美容の分野でも多く取り入れられています。ぜひ、日々の生活に水素を取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 水分補給の必要性とは?摂取する際のポイントも併せてご紹介!

  2. ケイ素のナノ化とは?ナノ化することによる効果について

  3. 電解水素水とは?作り出す仕組み・取り入れるメリットまとめ

  4. ケイ素水とは?日常に取り入れやすく吸収率の高さも魅力!

  5. ケイ素のメリットとは?

  6. シリカとは?効果・役割・上手な摂取方法とは?

PAGE TOP