水素水とケイ素水の違いとは?違いを知って上手に取り入れましょう!

水素水とケイ素水の違いとは、含まれている成分や効果、取り扱いのしやすさなどが挙げられます。水素水とケイ素水は、どちらも美容や健康に効果的だと言われているため混同されやすいですが、実は全く異なるお水なのです。
水素水やケイ素水をはじめとして、様々な特徴を持つ水が登場して話題となっていることから、「何を飲んだらいいの?」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、水素水とケイ素水の違いについてご紹介していきたいと思います。

水素水とは?

水素水
水素水とは、文字通り水素が溶け込んでいる水のことを言います。ペットボトルやアルミパウチに入れられて市販されているものも多く、スーパーなどでも手軽に手に入れることができるので、お買い物の際に目にしたり、購入したことのある方も多いのではないでしょうか?水素水は多くのメーカーが販売していますが、肝心の水素濃度はメーカーによって違いがあります。その理由は、水素水には明確な定義がないためなのです。

水素水の働き

水素水が美容や健康に効果があるとされているのは、身体にとって有害となる活性酸素を除去する働きにあります。活性酸素とは、喫煙や環境汚染、ストレスなどの他、呼吸するだけでも体内に発生する物質で、「善玉活性酸素」と「悪玉活性酸素」の2つの種類があります。活性酸素を除去する物質には、ポリフェノールやビタミンC、ビタミンEなどが挙げられますが、これらは健康を維持する働きのある善玉活性酸素までも除去してしまいます。
しかし、水素水に含まれる水素は、身体の細胞を酸化させて老化や病気を引き起こす悪玉活性酸素だけを除去する働きがあるため、唯一無二の抗酸化物質として注目されているのです。

水素水を上手に摂取する注意点

水素水に含まれている水素は空気に蒸発しやすいため、開封したらすぐに飲み切る必要があります。また、空気に蒸発しやすい水素の特性から、市販の水素水を購入する場合はペットボトル入りのものよりも、密閉効果の高いアルミパウチ入りのものがおすすめです。
さらに、水素水による効果は、飲んでからわずか20~30分程度しか持続できず、体内にストックすることもできません。このことから、水素水を飲むのであれば、活性酸素が多く発生するスポーツ後やストレスを感じた時、紫外線を浴びた時などのタイミングに摂取することをおすすめします。

ケイ素水とは?

ケイ素水
ケイ素水とは、ミネラルの一種であるケイ素(シリカ)を含んでいるお水のことで、「シリカ水」とも呼ばれています。
ケイ素(シリカ)とは、土や岩などに含まれているミネラルの一種で、地球上で酸素の次に置く存在している物質としても知られています。ケイ素水は、雨水が地下水となる際に地中に含まれているケイ素が水の中に溶け込むことで、栄養価の高い天然水となるのです。
シリカを含んでいる食材としては、ジャガイモなどのイモ類や玄米などの穀物類、ニンジンなどの根菜などが挙げられますが、身体への吸収率で比較すると、ケイ素水が断トツに優れていると言えます。

ケイ素水の働き

ケイ素水に含まれているケイ素には、身体の様々な細胞同士を結び付ける働きがあります。例えば、美肌作りに欠かせないコラーゲンを結び付けたり、カルシウムを結び付けて骨や歯を強くするなどといった働きをしているのです。
ケイ素が持つこれらのような働きから、ケイ素水を飲み続けることで肌にハリが生まれたり、骨粗鬆症や動脈硬化のよぼうなどにつながるというわけです。

ケイ素水を上手に摂取する注意点

ケイ素は年齢を重ねるとともに減少し、体内で作ることもできないことから、食事やお水から意識して摂取する必要があります。その際、ケイ素の吸収率をよりアップさせるために、ミネラルの吸収率が良いとされている常温や冷水で飲むことをおすすめします。また、ケイ素水の効果を実感するためには、最低でも数か月間は飲み続ける必要があります。

水素水とケイ素水の違いについて

水素水とケイ素水の違い
水素水とケイ素水は、効能以外にも下記のような違いがあります。

値段

水素水500mlあたりの値段は300~500円程度、ケイ素水は100~150円程度と、ケイ素水の方がリーズナブルです。

加熱の可否

水素水は加熱してしまうとその効果を失ってしまいますので、加熱するには不向きです。一方のケイ素水は、加熱しても使用することができるので、料理に使用して摂取することも可能です。

水素水とケイ素水どちらを飲むべき?

水素水 ケイ素水
水素水とケイ素水を飲むことによって期待できる効果はそれぞれ異なりますので、どちらも生活に取り入れるのが効果的です。水素水を飲んで活性酸素を除去し、ケイ素水を飲んで細胞の生成が促進されれば、美容と健康を強力にサポートしてくれるでしょう。
もちろん、どちらもお水ですので一緒に飲んでも副作用はありませんので、安心して摂取することができます。

まとめ

今回は、水素水とケイ素水の違いについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
水素水とケイ素水は混同されがちなお水ですが、それぞれ別の働きや効果を期待できるお水です。ぜひ、どちらも生活に取り入れて、若々しくて美しい見た目と病気を寄せ付けない健康な身体を目指しましょう。

関連記事

  1. ディフューザーでのウイルス対策とは?効果的な精油・使い方

  2. ケイ素水とは?日常に取り入れやすく吸収率の高さも魅力!

  3. マイナスイオンとは?想像以上の健康効果を解説!

  4. ケイ素のナノ化とは?ナノ化することによる効果について

  5. シリカ不足とは?原因と効果的な摂取方法について

  6. 水素の効能とは?医療・美容の分野でも注目されている理由

PAGE TOP