水素水の摂取方法とは?効果を台無しにしない飲み方のポイントについて

水素水の摂取方法とは、活性酸素が発生しやすいタイミングでこまめに少しずつ飲むことが大切です。
美容や健康に対する様々な効果を期待できる水素水ですが、正しい摂取方法をも守っていないと、せかっくの効果が台無しになってしまいます。

そこで今回は、水素水の効果を余すことなく実感するための上手な摂取方法についてご紹介していきたいと思います。

水素水とは?期待できる効果について

水素水の摂取方法
そもそも水素水とは、文字通り水素が高濃度で含まれている水のことです。
水素には、老化や病気の原因だとされている活性酸素を除去する働きがあることから、水素水を正しい方法で摂取することによって、動脈硬化や脳梗塞などの重大な疾患の予防や、肩こりや疲労回復などといった健康効果が期待されているのです。また、シワやシミの予防や美白効果などの美容面でもうれしい効果があるとされています。

水素水の上手な摂取方法

水素水
上記のような水素水の効果を最大限に発揮させるには、正しい摂取方法を知っておく必要があります。
水素水の効果を発揮する上手な摂取方法は、次の通りです。

アルミパウチタイプのものを選ぶ

市販されている水素水には、ペットボトル入りのものやアルミパウチタイプのものが主流ですが、水素水の効果をより得るためには、アルミパウチタイプのものを選びましょう。
アルミパウチタイプの水素水は、封を開けるだけで手軽に水素水を摂取できることはもちろん、ペットボトル入りのものよりも水素が抜けにくいのが特徴です。水素水に溶け込んでいる水素は空気中に抜けやすい性質を持っているので、ペットボトル入りのものだと開封していない状態であっても、徐々に水素が抜けてしまうのです。

水素水を摂取する量の目安

水素水を摂取する一回当たりの目安の量は、約300ml~500mlです。水素水の効果を実感するための量には個人差がありますが、一般的な摂取量としては一度につき300mlの~500ml程度だとされています。
水素水の効果が持続するのは体内に入ってから数十分間ですので、一度にたくさん摂取するのではなく、1日のうちでこまめに少しずつ飲むようにしましょう。

水素水を摂取するタイミング

水素水はいつ摂取するべきなのかというと、活性酸素が発生しやすいタイミングがベストです。
水素水を摂取する最も最適なタイミングは、起床後です。起床時は血流が滞りやすいく、心筋梗塞や脳卒中が起こりやすいタイミングだと言われています。同時に、起床時は一日の中で最も体内の水分が少ない状態でもありますので、このタイミングで摂取することにとり、水素が身体に浸透しやすくなるというわけです。
その他には、運動する前後や食事の前、飲酒した後や夜眠る前にも摂取することをおすすめします。
運動する前に水素水を摂取すると代謝がアップしますので、ダイエット効果に効果抜群。また、運動した後にも摂取することで、乳酸が体内に溜まりにくくなるため、疲労回復効果が期待できるのです。
また、飲酒前に水素水を摂取することで二日酔いの予防に、就寝前に摂取すると寝ている間に行われる細胞の修復にも役立つと言われています。

開封したら早めに飲み切る

水素は空気中に抜けやすい性質を持っているため、開封したら早めに飲み切ることをおすすめします。開封してから長時間置いておくと、封を閉めておいても徐々に水素が抜けて行ってしまうのです。
水素が抜けてしまうのが気になる場合は、ご家庭で生成できる電解水素水生成器がおすすめです。おうちで水素水を摂取するときはご自宅で生成した水素水を、外出先ではパウチタイプのもので摂取するなど、シーンや状況によって使い分けるのもいいですね。

水素水の効果が台無し!?避けるべき摂取方法

水素水の避けるべき摂取方法
空気中に抜けやすい水素水は、温めることでさらに抜けやすくなってしまいます。水の中に溶存できる水素の量は、水温と大きな関係があるからです。例えば、水温が20度の時の水素の溶存率を100%とする場合、40度に温めるとその割合は約80%に、80度ではほぼ0となってしまうのです。
このような理由から、水素水は加熱せず、常温または冷やした状態で摂取することが大切なのです。

まとめ

今回は、水素水の上手な摂取方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
せっかくの水素水の効果を最大限に生かすには、摂取方法が重要なポイントです。水素水を生活に取り入れるのであれば、効果的な摂取方法で水素の美容・健康効果を余すことなく享受しましょう。

関連記事

  1. シリカとは?効果・役割・上手な摂取方法とは?

  2. ケイ素のメリットとは?

  3. 水素の効能とは?医療・美容の分野でも注目されている理由

  4. 水分補給の必要性とは?摂取する際のポイントも併せてご紹介!

  5. 水素水のメリットとは?意外なメリットと効果をより得るポイント…

  6. ケイ素のナノ化とは?ナノ化することによる効果について

PAGE TOP