電解水素水とは?作り出す仕組み・取り入れるメリットまとめ

電解水素水とは、整水器を使用して水道水を電気分解することによって、陰極側に生成される水のことを言います。「水の電気分解」と聞くと、やや難しいイメージがあるかもしれませんが、この仕組みによってまろやかで飲みやすいうえに、胃腸症状を改善する効果のある魔法のような水が生成できるのです。

そこで今回は、電解水素水を作り出す仕組みや、電解水素水を取り入れるメリットなどについてご紹介していきたいと思います。

電解水素水とは?

電解水素水
整水器で水を電気分解することによって生成される電解水素水は、別名「アルカリイオン水」や「電解還元水」などとも呼ばれています。元々、生成水がアルカリ性であることから「アルカリイオン水」と呼ばれていましたが、生成水に含まれている水素が注目されるようになり、最近では電解水素水と呼ばれることが多くなったのです。

電解水素水を作り出す仕組みについて

電解水素水
電解水素水とは、冒頭でも触れたように電解水素水整水器を使用して水道水を電気分解することで陰極側に生成される水のことです。水の電気分解とは、水と電気を反応させることによって、酸素と水素を作り出すことです。つまり、水道水を電気分解することによって陽極側に生成されるのが電解酸性水、陰極側に生成されるのが電解水素水というわけです。

電解水素水と水素水との違いとは?

電解水素水と水素水の違い
最近では、ペットボトルやアルミパウチタイプの水素水が様々なメーカーから市販されていますが、これらは水に水素ガスのみを含ませたものがほとんどです。
一方の電解水素水とは、電気分解され、陰極側に生成されたアルカリ性の水素水です。水を電気分解することによって、プラスイオンであるカルシウムやマグネシウムなどといったミネラルが陰極側に引き寄せられるため、電解水素水には多くのミネラルが含まれ、原水と比べると最大20%ものミネラル類が増加するとも言われています。

電解水素水の効果・メリット

電解水素水のメリット
電解水素水の性質による健康への効果や、生活に取り入れるメリットは、次の通りです。

まろやかで飲みやすい

電解水素水は日本人に好まれるまろやかな口当たりが特徴です。水道氏と比較しても柔らかくまろやかな口当たりですので、飲料水として安心して飲むことができます。

お料理にも使用できる

一般的な水素水は加熱することにって空気中に水素が抜けてしまうため、お料理に使用したとしてもその効果を十分に得ることはできません。しかし、電解水素水はお料理の様々なシーンでも活用できます。例えば、お米を炊く際に電解水素水を使用することでお米をふっくらと炊くことができたり、野菜を煮る際に使用することで、柔らかく仕上がるなどのメリットもあります。

便秘などの胃腸症状を改善する

電解水素水の大きなメリットは、胃の不快感をやわらげたり、便秘を予防・改善するなどの胃腸症状の改善にあります。電解水素水の生成器は、医薬品医療機器等法において医療機器として規定されており、飲料水として摂取することによって胃腸の働きを助けてくれる効果があるのです。
とは言っても、電解水素水は医薬品ではありませんので、摂取したからといって即座にその効果が表れるわけではありません。日々の生活に取り入れて継続的に摂取することによって、電解水素水が持つ胃腸症状の改善効果を実感することができるのです。

まとめ

今回は、電解水素水を作り出す仕組みや、電解水素水を取り入れるメリットなどについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
胃腸症状の改善効果があるとして知られている電解水素水ですが、そのメカニズムはまだ研究段階にあるとのことです。とは言っても、一般的な研究よりも電解水素水の研究は速いスピードで進んでいるため、今後の研究による結果が楽しみですね。

関連記事

  1. 水素水とケイ素水の違いとは?違いを知って上手に取り入れましょ…

  2. 水素水のメリットとは?意外なメリットと効果をより得るポイント…

  3. シリカとは?効果・役割・上手な摂取方法とは?

  4. 水素水の使い方とは?上手に取り入れて体の中から美しく健康に!…

  5. ケイ素のメリットとは?

  6. ケイ素のナノ化とは?ナノ化することによる効果について

PAGE TOP