水素水の使い方とは?上手に取り入れて体の中から美しく健康に!

水素水の使い方とは、飲料水として飲んだり、水素風呂にして肌から浸透させる方法などがあります。医療や美容など様々な分野で注目されている水素水を、無理なく日常生活に取りれたいものですよね。

そこで今回は、水素水の使い方についてご紹介していきたいと思います。

水素水とは?


そもそも水素水とは、水素が多く含まれている水のことを言います。ただし、水素水に明確な定義はありませんので、それぞれのメーカーや商品によって、含まれている水素の濃度やそのほかの成分に関してはバラバラなのです。
なぜ、水素水が医療や美容の分野でも注目されているのかというと、健康や美容の大敵とされる悪玉活性酸素を除去する水素の優れた性質に理由があります。活性酸素とは、人間が呼吸をするだけで発生する物質で、これには2つの種類があります。
一つは、「善玉活性酸素」と良い、文字通りわたしたちの体に良い影響を与えてくれるものです。しかし、一方の「悪玉菌」は、人間の身体を酸化させる作用があり、活性酸素が増えすぎてしまうと、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの大きな病気を招いてしまうのです。悪玉活性酸素に変化してしまうのは、呼吸によって体内に取り入れられた酸素のうちのわずが2%であるにもかかわらず、私たちの健康や美容にとって非常に脅威的な存在なのです。
健康な身体を維持するためには、悪玉活性酸素のみを体内から除去する必要があり、それが可能な物質が水素なのです。水素は最も小さい元素であるため、体内の隅々にまで行き届くことができます。それによって、体内の奥深くの悪玉活性酸素にまでアプローチすることができるというわけです。

飲料水としての水素水の使い方

水素水
最も手軽に水素水を取り入れる方法は、飲料水として飲む方法です。最近では、水素水としてスーパーやドラッグストアなどでもペットボトルやパウチに入ったものを購入することもできますが、水素は空気に触れただけでどんどん逃げて行ってしまいます。
ですので、市販の水素水を購入するのであれば、ペットボトルよりも水素が抜けにくいパウチに入ったタイプのものがおすすめです。アルミ素材でパウチされたものであれば、より水素を通しにくいので、水素水を試してみたいという方はアルミパウチタイプのものを選ぶのがいいでしょう。
その他にも、水素水水サーバーを使って自宅で生成することも可能です。水素水を生成する方法には、「パブリング方式」、「電気分解方式」、「化学反応方式」の3つの種類があり、いずれも家庭で可能な方法です。
ただし、水素の効き目は体内に入ってからわずか数十分程度ですので、水素水を一気にたくさん飲んでもあまり意味がありません。朝起きてから寝るまでの間に、こまめに摂ることが重要なポイントなのです。

水素風呂としての水素水の使い方

水素風呂
水素は肌からも吸収することができるので、水素風呂としての使い方もおすすめです。
近年の研究によると、水素は飲料水として飲む以上に水素風呂として体内に取り込むほうが数倍も効果的だとも言われているほどです。水素風呂には、お風呂のお湯に溶かすだけで水素風呂ができる錠剤タイプのものや、電解式の水素発生器などもあります。水素発生器に関しては、レンタルできるサービスもありますので、水風呂を試してみたいという方は、手軽なレンタルで体験してみることをおすすめします。

まとめ

今回は、水素水の使い方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
水分補給のための飲料水や、毎日のお風呂を少し変えるだけですので、水素水を取り入れる生活はそれほど敷居が高いものではないのです。
水素水を手軽に取り入れて、健康や美容にぜひ役立ててください。

関連記事

  1. ケイ素のナノ化とは?ナノ化することによる効果について

  2. ケイ素とは?その正体と美容・健康への効果とは?

  3. 電解水素水とは?作り出す仕組み・取り入れるメリットまとめ

  4. シリカとは?効果・役割・上手な摂取方法とは?

  5. 水素の効能とは?医療・美容の分野でも注目されている理由

  6. 水分補給の必要性とは?摂取する際のポイントも併せてご紹介!

PAGE TOP